機能素材部

機能素材部

繊維事業より派生し
合成樹脂、染料、有機肥料用原料を取扱っています

ストッキングなど繊維用途のイメージが強いナイロン、潤滑性に優れたポリアセタール、発色が良く機械物性バランスの良いABSを中心にあらゆる合成樹脂を取り扱っています。
これらは成形加工を経て、建材・自動車・日用品等の部品になります。また、各メーカーで生産されるバージン材だけでなく、成形不良等の粉砕品・再生品等も取り扱っており、環境にやさしい取り組みにも貢献しています。
私たちに身近な衣料品・毛糸などでデザインの重要なポイントとなる「色」。コットン・ウール・ポリエステルなど素材も様々ありますが、それらを染める反応・酸性・分散などの各種染料を取り扱っています。
有機肥料の原料として、刈り取った羊毛の加工工程より発生する副産物を取り扱っています。
この副産物には、作物の成長に必要不可欠な窒素・リンを豊富に含んでおり、環境に優しい製品がどんどん増える現代において非常に注目されています。

機能素材部の生産品

  • 合成樹脂

    合成樹脂

    エンジニアリングプラスチックを中心にリサイクル品も含め、各種合成樹脂を取扱います。

  • 各種染料

    各種染料

    各種天然繊維用、合成繊維用の染料を取扱います。

  • 有機肥料用原料

    有機肥料用原料

    羊毛加工時に発生する副産物を有機肥料用途として販売致します。